クロスファーム

疾患発症の根源となるAngiocrineシステムの解明

医学系部門血管統御学

木戸屋 浩康教授

研究課題カテゴリー 基礎医学 , 臨床医学 , 薬学(創薬) , バイオ , 生物
研究課題名にあてはまる項目 製品開発(繊維、工業製品、医薬品、医療機器など)
研究概要

従来の血管の研究は、血管が血液や酸素・栄養分や細胞の「輸送路」であるという常識を前提として行われてきました。しかしながら本研究では、血管を「輸送路」としてではなく、「組織の司令塔」となる網状構造体と見なして研究を進めることで、血管の未知なる機能の解明に挑みます。
注目するのは、血管から産生される「アンジオクラインファクター(Angiocrine factor)」と呼ばれる分子群です。血管の司令塔という機能は、生体外のストレスに応じて様々なアンジオクラインファクターを産生することで達成されています。つまり、アンジオクラインファクターの産生パターンの切り替えが状況によって誘導されていると考えられ、その異常は疾患の進展に関与しているとも考えられるわけです。
本研究では、このアンジクライシステムの解析を進めることで多様な疾患の背後に潜む血管の新たな役割を明らかにし、革新的な疾患治療法の開発基盤となるアンジオクライン血管学を創生します。

募集中内容
マッチング希望内容
シミュレーション/解析などを行ってくれる人, 議論をしてくれる人
ファームメンバー

林弓美子・福井大学学術研究院医学系部門・助教
岡本徹・大阪大学大阪大学微生物病研究所・教授
島村徹平・名古屋大学大学院医学系研究科・教授

研究概要図

ページトップへ