パイロットファーム

階層的アプローチにもとづく細胞遊走のシステム的理解

工学系部門繊維先端工学講座

藤田 聡教授

研究課題カテゴリー 基礎医学 , 臨床医学 , バイオ , 情報 , 材料 , 生物 , 繊維
研究課題名にあてはまる項目 プロセス・工法・要素技術などの開発 , 測定・評価方法(医療・バイオ含む) , 製品開発(繊維、工業製品、医薬品、医療機器など)
研究概要

本課題では,神経細胞・神経腫瘍の遊走挙動を対象とし,分子・細胞・細胞集団という異なるスケールで起きる現象を統合的に理解すべく,実験・理論両面から進める。
ここでは細胞内輸送タンパク質に着目し,ナノ繊維をベースに設計した細胞微小環境模倣モデル実験系により細胞遊走挙動への影響を解析する。さらに細胞の集団遊走パターンからAI・機械学習を用いて細胞間相互作用等を解析する。こうして分子~組織の多階層のレベルで,神経細胞の挙動をシステム的に捉えることで現象全体の理解と解析を進める。

募集中内容
マッチング希望内容
議論をしてくれる人
ファームメンバー

医学系部門・山田 雅己
医学系部門・水野 克俊
医学系部門・久冨 理
医学系部門・山内 貴寛
工学系部門・梶田 真司

研究概要図

ページトップへ