パイロットファーム

繊維強化複合材料の最適な材料設計支援システムの構築 ―材料微細構造可視化技術を用いた高分子複合材料内部の階層構造評価法の確立―

先進部門繊維・マテリアル研究センター

植松 英之准教授

SDGs07 SDGs09
新型コロナウイルスもしくは
カーボンニュートラル

カーボンニュートラル

研究課題カテゴリー 建築・建設 , 情報 , 材料 , 機械 , 繊維 , 地域貢献 , 数学 , 物理学
研究課題名にあてはまる項目 プロセス・工法・要素技術などの開発 , 測定・評価方法(医療・バイオ含む) , 製品開発(繊維、工業製品、医薬品、医療機器など)
研究概要

高品質な繊維強化複合材料を迅速に創出するための、様々な強化繊維あるいは高分子マトリクスの中で最適な組み合わせを見出すことが可能な材料設計支援システムを構築する。
本研究では、福井大学で開発された世界オンリーワンの表面強度評価法(MSE法)に情報工学による可視化技術を融合させた新しい評価法を応用して、高品質な繊維強化複合材料の評価の指標である高分子マトリクスと強化繊維界面、界面相、繊維に影響されない高分子バルク層の高分子構造を迅速にイメージング化するための技術を確立する。

募集中内容
マッチング希望内容
ファームメンバー

産学官連携本部・岩井 善郎、山根正睦、西村文宏
工学部技術部・高澤 拓也、山口綾香
情報・メディア工学講座・福間慎治
繊維・マテリアル研究センター・田上秀一

研究概要図

ページトップへ